FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
☆Tタッチワークショップ2日目☆
2009 / 07 / 31 ( Fri ) 23:57:39
前回の日記の続きです
7月31日(金)もTタッチワークショップに行ってきました
2日目は、ボディラップを中心にお勉強をしました


ボディラップとは
*落ち着ける環境を作る手助けに
*老犬が快適に身体を動かす手助けに
*車酔いする犬の手助けに
*大きな音、他人、雷、交通量、獣医、しつけ教室等・・怖がる犬に
*他の犬に反応してしまいやすい犬に

“あっ”と思った時に、ボディラップによって意識する事が出来て考える瞬間が出来る、
“刺激”と“反応”の間に時間のギャップが出来るのだそうです


うちのミミちゃんもそうですが、“刺激”が加わると激しく吠えるクセ?がありますが
こういう吠え癖のある子は、吠える時に何も考えずに吠えている子が多いそうです
こういう子にボディラップをする事によって、刺激が加わってワンワンと反応する間に
「ん」と考える瞬間が出来る・・こんなイメージです。


注意点としては、対処療法ではないので
「雷が鳴ったときだけボディラップをする」とか「悪い子だからボディラップをする」
というのは、止めてください



ボディラップには、ハーフラップ(上半身のみ)とフルラップ(全身)の方法があります。
それでは、色々なボディラップの巻き方をご紹介します


090731Tタッチ (74)

090731Tタッチ (77)

こちらは、多分トリプルエックスという巻き方です。





090731Tタッチ (105)

こちらは、多分・・レーシングストライプという巻き方です。





090731Tタッチ (106)

デビ先生直々に巻いてもらうのあくん
表情が、ちょっと緊張気味です





090731Tタッチ (109)

のあくん、ハーフラップの出来上がり





090731Tタッチ (111)

ボノちゃんも、お顔が見えなくて残念ですが、イイ感じです





最後は、バランスリードです。
引っ張りが強い子等に使用します。
イージーウォークハーネスや、ジェントルリーダーなども便利ですが
犬が引っ張ると、進行方向が自然と横へ向き、引っ張りを止めるという犬の習性を利用して
引っ張り防止の訓練に使用します。
しかし“バランス”という点を考えると、この方法は使用しません。


090731Tタッチ (37)

デモ犬は、きなちゃんです
バランスリードにも色々な形がありますが
2足歩行しやすい子には、下半身側にリードを回してあげます。





090731Tタッチ (42)p

090731Tタッチ (43)p

前から回す場合は、必ずカラーの下にリードが来るようにします。





090731Tタッチ (21)

ダキくんは、写真では分かりにくいですが
左お腹側にリードを回し、後方からカラーにリードを通しています。



写真は、全て長いリードを使っていますが
両側にナスカンが付いているリードを使って
ハーネス+カラーでバランスを取るのもOKです
(※ただし、フロントにクリップが付いているタイプのハーネスはバランスを崩すので


自分自身が犬になりきって、ヒールポジションでアイコンタクトを取ると分かると思うのですが(バランスや犬にかかる負担を体感するため
私は*QuQuRuさん*にハンドラーになってもらい、アイコンタクトを取ろうとしましたが
首がゴキッと鳴って、アイコンタクトがキレイに取れませんでした
トレーニングを沢山行っていて、ヒールポジションでばかり歩くほとんどの犬が
バランスを崩して歩いているのだそうです
両側で犬が歩けるように普段から練習するのも重要です





090731Tタッチ (10)

本日の戦利品、ボディラップ2個です





090731Tタッチ (4)p

早速、ゴン爺ちゃんに巻いてみました
合わせてTタッチとか、耳のマッサージとか色々試しています
お散歩も3歩歩いたら止まっちゃう・・という感じで
思うように身体が動かなくなってきているゴン爺ちゃんですが
少しでも快適に暮らせる手助けが出来たらいいなぁと思います
もちろん、ゆきママ、おーちゃん、ミミちゃんも同じくです



次回は、誰かと一緒に参加したいなぁ・・・

スポンサーサイト

お勉強 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。